広告

どーする?

たぶん3年ぶりにダウンです。
子供が風邪をひいてから嫁さんに感染。
嫁さんは土曜に調子崩しだしたので病院へはギリギリセーフでした。
はははっ、しっかり食べて睡眠とってビタミンを摂取してたら風邪なんてうつりません!!
って言うてから日曜日・・・・・ノド痛い。ケホっケホっ
熱ありそうやなぁぁ。体温計で、え~と38.5かぁ。こらぁシンドイわ。月曜は、ちと仕事休めんしなぁぁ。
風邪薬飲んで寝たら治るでしょう
甘い考えでした。
少し熱は下がったものの、咳が出る出る。
そのまま仕事へ。
こんな日は1日が長いんですよねぇぇ。
会社帰りに病院へ行こうと思い電話で確認した。
いつも行く病院です。ぼちぼち花粉症対策で注射もせんとアカンしね。
電話がつながったが・・・・なんと!
先生が倒れたそうです。サスペンスなみの効果音
じゃっじゃっじゃぁぁぁぁぁ~ん!
「先先の復帰のメドもまったくわかりません」
ワタクシは今の風邪より花粉症の心配の方が大きいです。
病院へ行く気力もなくなり家へ帰った。
それは、もう明日は会社休もうと思ってたからである。
翌日、実家にいた頃に行ってた病院へ行った。
この病院は凄く熱心でハートのある先生が開業しているので毎日いつも患者さんでいっぱいだ。5分ほどの診察のため40~50分は待たされる。 その点倒れた先生の病院はいつ行っても待たされたコトがない・・・笑 逆に診察券を出して上着を脱いでる最中に名前を呼ばれる。少し待ってくれいっ!!と思うくらい早い。吉野家の牛丼を注文して出てくるよりも早いんです。おっと話が脱線。
20分くらいして名前が呼ばれた。おお~っとラッキー!今日は早いんとちゃうん~!「さぁさぁこちらへ来てください。」と別室・・?
そこからまた20分ほどたって呼ばれた。
先生はマスク姿。
どんな感じですかぁ?と先生に聞かれ、子供のコト、嫁のコト、自分のコトの症状言って見たのですが・・・・先生は、「その症状はインフルエンザですよ」・・・あれ?嘘やん。
なんか背後にいる別の患者さんたちの冷たい視線を釘ズケ!!!
なんか悪モン見たいな扱いになってきたぞ??
そうこういうてる間にインフルの検査棒が鼻の中に突っ込んきた。
検査が分かるまでまた別室で待機。
別室と言ってもパテ―ションで区切られた部屋なので声なんてマル聞こえ。  しっかしおかしいよな。子供、嫁さん病院行って風邪やのにワタクシだけ~インフルエンザ?家に帰ったら子供、嫁さんに感染する
しなぁと一人悩んでいると、
「おいっ出たか?」と先生。
「出てません」と看護婦さん。
「ええ?出てない?」と先生。
「おいおいっ」とワタクシ。
「おかしいなぁ」と先生。
また呼ばれて先生の所へ行くと先生はマスクをはずしていました。笑
結局のところ病院にいた時間は1時間半くらいやなぁ。
しんどいのに待たされる時間が長いとツライです。
あぁぁ~倒れた先生はいつ復帰してくれるんかぁぁ。

コメント