広告

FTRスイングアームを外す

今回はFTRのスイングアーム外し〜。

ネットで見てもハードルは低そうだ。

スイングアームの動きは問題無いと思うのですが、まぁ10年以上乗っていてメンテも

していないのでこの機会に。

ん?この機会?

そう、スイングアーム外しは別の作業をするために外すのです。

ロンスイを付ける!

いやいや違う。

アルミのカッチョイイスイングアームを付ける!

いやいや違います。

実はリアキャリパーフローティングマウントがねぇ、、、。ブレーキは良く効くのですが、

フィーリング?なんて言うのでしょうか?ブレーキをかけるとお尻が浮く感じに。

表現が違うか、、、リジット式のブレーキだとブレーキをかけるとリアが

沈むじゃないですか?ソレに慣れてしまっているのでリアが沈んでくれないと

しっくりこないのです。←ヘタレなだけやな。

でもフローティングマウントを体験できたので納得と言う事で。

リアブレーキのお話は次に報告いたします。

で、本題に戻ります。

リアタイヤ外してリアサスの下取り付けボルトを外します。

スイングアームのボルト抜いちゃうとスイングアームがカラ〜ンと下に落ちると思うので

ドライバーを突っ込んでおきます。

さてボルトを引っこ抜く!おりょ?落ちない。引っ張っても取れない。

マイナスドライバーを引っこ抜いても落ちない。いや感じかもぉ〜。

ネットで見てもこの辺りの事の情報が出てないような。個体差かな?

上下左右と揺さぶるも外れへんやん。困ったぁ。

プラハンであっちゃこっちゃしばいたら少し動き始めた。固着してたんですかねぇ?

こりゃスイングアームを取り付ける時も手こずる気がする。

抜いたスイングアーム取り付けボルトはキレイでした。

まぁ、一番水が侵入しやすいところはちょっと錆びてましたけど。

少し錆をペーパーがけしてグリスアップ〜。

スイングアームは長年蓄積されて積もった汚れを綺麗に。

スイングアームサイドカラー部分もグリスをヌリヌリしてスイングアームの取り付けを

スムーズにしましょ。

しかし、スイングアームはスッと取り付けできません。

おそらくフレーム側の出っ張りにサイドカラーが当たってしまって

左側が決まれば右側に負担がかかり、右側が決まれば左側に負担がかかり

スイングアームが装着できません。んー、どないしましょ?

そこで考えた!

靴ベラのようにマイナスドライバーを当てがってプラハンで軽くトントンしたら

意外と簡単に入った。ラッキーだ!

ちなみに、リアサスの下側取り付けボルトは44N.mでトルク締め。

スイングアーム取り付けボルトは88N.mで締め付けました。(サービスマニュアル記載)

コメント

  1. より:

    毎度です♪
    私も何度かスイングアームを外しましたが、確かに硬かった気がします。
    ですが、腕の力で押せば入ってましたので叩くほどでは無かったはずです・・・(汗)
    今回、綺麗にされたので、次回は比較的スムーズになるのかな?
    私もそろそろ何かメンテをしないといけない気が・・・(汗)

    • shu-mac より:

      青さん毎度でございます。
      次回スイングアーム外す時スムーズに行える事に期待です。
      次回外す、、、あるのだろうか。アルミスイングアームが手に入ったらなぁ。
      もうブームも去ったので入手困難ですねぇ。
      たとえ某オクで出ても値段が高いですけど。
      青さんがFTR乗っていた頃が一番パーツが出回っていた感じがします。

      • より:

        今は昔からあったバイクが販売終了となり、新しいバイクが販売される時代になってきたので、FTRのパーツ入手は更に困難になってきているかも知れないですね。
        当時、私も某オクを見つめる日々が多かったと思いますが、タイミングが全てのような気がします・・・。
        スイングアームは、私が購入した2年後くらいには廃盤になってましたから・・・。
        今はSRですが、やはりカスタムパーツの幅は昔よりは狭まっています。

        • shu-mac より:

          青さん、毎度~です。
          某オク、、ほんまにタイミングだと思います。
          ワンオフのトップブリッジもちょいちょい出てて、そろそろ手をだすかな~って思っていたら
          その後パッタリと止まってしまいました。笑
          本当に欲しかったら躊躇したらあきませんねぇ。金額にもよりますが。
          SRパーツってまだまだ豊富なイメージでしたが、乗っている人が欲しがるパーツは
          乗っている人にしかわからないもんなんでしょうねぇ。